「タンナサワフタギ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
1行目: 1行目:
 +
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[タンナサワフタギ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
 +
 
= タンナサワフタギ ''Symplocos'' ''coreana'' (Lev.) Ohwi=
 
= タンナサワフタギ ''Symplocos'' ''coreana'' (Lev.) Ohwi=
  
[[ハイノキ科|ハイノキ科 Symplocaceae]]
+
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
  
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 +
> [[ハイノキ科|ハイノキ科  Symplocaceae]]
 +
> [[ハイノキ属|ハイノキ属 ''Symplocos'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
* 樹皮は縦に割れ目があり,コルク質がよく発達している.
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
* 果実は黒色である.
 +
 
 +
=== 花期 ===
 +
 
 +
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
* 広島県では,沿岸部から中国山地の高所まで広く分布するが,島嶼部では宮島の高所にわずかにあるだけである.
  
 +
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 標本 ==
 +
* 大竹市三倉岳(yy-2624),吉和村焼山(yy-7391),芸北町王泊ダム(hh-4636),湯来町大峯山(mt-7726),宮島(ts-2095),佐伯町権現山(mt-10611),極楽寺山(mt-10357),可部町冠山(km-1509),府中町山田(mt-7339),熊野町土岐城山(mt-13530),黒瀬町岡郷(sy-504),福富町段原山(mt-9402),千代田町海見山(mt-5981),高宮町下式敷(mt-8958),東広島市鷹巣八幡宮(mt-7816),呉市二級峡(mt-8749),河内町義庵坊(mt-16167),本郷町用倉山(yy-12709),三良坂町灰塚(yy-10646),総領町木屋(mt-9074),豊平町竜頭山(yy-6524),向原町大土山(mt-15438),久井町久井岩海(gi-193),大和町萩原(ns-2017),三原市垣内(sf-9312),甲山町魚切渓谷(ns-186),世羅町戸張(ns-1801),美土里町金屋子神社(yy-9483),比和町観音滝(yy-14562),府中市三郎丸(yk-2740),口和町宮内(hn-827),高野町神之瀬湖岸(km-7588),神之瀬峡(mt-17662),東城町森(hn-1382),油木町岩貝(sf-8106),神石郡三和町星居山(sf-451),御調町菅(sf-583),甲奴町弘法山(sf-2002),山野峡(gi-174),大万木山(km-72974),比婆山(yy-9585)
  
== 慣用名==
+
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
*タンナ
+
=== 慣用名 ===
 +
* タンナ
 +
 
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 43620
 
* 環境庁コード: 43620
 
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.
+
* 堀川ほか(1959),河毛(1974),関ほか(1975),山下(1977),土井(1983),井波(1990),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)
 +
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
  
----
+
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:タ]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:ハイノキ科]]

2010年12月21日 (火) 15:53時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > タンナサワフタギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

タンナサワフタギ Symplocos coreana (Lev.) Ohwi

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ハイノキ科 Symplocaceae > ハイノキ属 Symplocos

解説

  • 樹皮は縦に割れ目があり,コルク質がよく発達している.
  • 果実は黒色である.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,沿岸部から中国山地の高所まで広く分布するが,島嶼部では宮島の高所にわずかにあるだけである.

産地

天然記念物

標本

  • 大竹市三倉岳(yy-2624),吉和村焼山(yy-7391),芸北町王泊ダム(hh-4636),湯来町大峯山(mt-7726),宮島(ts-2095),佐伯町権現山(mt-10611),極楽寺山(mt-10357),可部町冠山(km-1509),府中町山田(mt-7339),熊野町土岐城山(mt-13530),黒瀬町岡郷(sy-504),福富町段原山(mt-9402),千代田町海見山(mt-5981),高宮町下式敷(mt-8958),東広島市鷹巣八幡宮(mt-7816),呉市二級峡(mt-8749),河内町義庵坊(mt-16167),本郷町用倉山(yy-12709),三良坂町灰塚(yy-10646),総領町木屋(mt-9074),豊平町竜頭山(yy-6524),向原町大土山(mt-15438),久井町久井岩海(gi-193),大和町萩原(ns-2017),三原市垣内(sf-9312),甲山町魚切渓谷(ns-186),世羅町戸張(ns-1801),美土里町金屋子神社(yy-9483),比和町観音滝(yy-14562),府中市三郎丸(yk-2740),口和町宮内(hn-827),高野町神之瀬湖岸(km-7588),神之瀬峡(mt-17662),東城町森(hn-1382),油木町岩貝(sf-8106),神石郡三和町星居山(sf-451),御調町菅(sf-583),甲奴町弘法山(sf-2002),山野峡(gi-174),大万木山(km-72974),比婆山(yy-9585)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • タンナ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 43620

文献(出典)

  • 堀川ほか(1959),河毛(1974),関ほか(1975),山下(1977),土井(1983),井波(1990),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる