「タゴガエル」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(2人の利用者による、間の41版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/digital.htm 広島大学デジタル博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ デジタル自然史博物館]</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のカエル]] > [[タゴガエル]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
  
 +
[[ファイル:20200605タゴガエル雌雄1_三次市布野町産_桑名撮影s.JPG|200px|thumb|right|タゴガエルの雌雄(左がオス,右がメス).オスの方が前脚が太い.(広島県三次市布野町産; 撮影: 桑名知碧, Jun. 5, 2020)]]
 +
[[ファイル:20140627タゴガエル成体廿日市市宮島町坪田撮影R1087696L512.jpg|200px|thumb|right|タゴガエル成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 坪田博美, Jun. 27, 2014)]]
 +
[[ファイル:20160418タゴガエル成体_廿日市市宮島町_田守撮影_DSC_0788.JPG|200px|thumb|right|タゴガエルの成体.あごの下の薄墨色の模様が特徴的.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Apr. 18, 2016)]]
 
= タゴガエル ''Rana tagoi tagoi'' =
 
= タゴガエル ''Rana tagoi tagoi'' =
[[ファイル:20140627タゴガエル成体廿日市市宮島町坪田撮影R1087696L512.jpg|200px|thumb|right|タゴガエル成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 坪田博美, Jun. 27, 2014)]]
+
[[タゴガエル|タゴガエル(日本語 Japanese)]]/[[Rana_tagoi_tagoi|Tago's Brown Frog (English)]]
 
== 分類 ==
 
== 分類 ==
 
動物界 Animalia
 
動物界 Animalia
9行目: 12行目:
 
> 両生綱 Amphibia
 
> 両生綱 Amphibia
 
> 無尾目 Anura
 
> 無尾目 Anura
> ナミガエル亜目 Neobatrachia
 
 
> アカガエル科 Ranidae
 
> アカガエル科 Ranidae
 
> アカガエル属 ''Rana''
 
> アカガエル属 ''Rana''
 +
> タゴガエル(種) ''Rana tagoi''
 +
> タゴガエル(亜種) ''Rana tagoi tagoi''
 +
 +
==解説==
 +
*本州・四国・九州・五島列島に分布する固有亜種.
 +
*広島県では島嶼部から内陸,県北の山地まで分布.
 +
*宮島島内では沢沿いに生息し,低地から山にかけて広く分布.
 +
*広島県内の繁殖期は4~5月頃.湧水のある岩の割れ目などで繁殖を行う.
 +
*繁殖期には「グッグッグ……」という鳴き声を聞くことができる.
 +
*幼生(オタマジャクシ)は餌を食べることなく変態し,陸上生活を始める.
 +
*宮島島内では,7月頃に陸に上がった小さな幼体が林床を跳ねるのを観察できる.
 +
*非繁殖期には沢沿いの林床などで見かけることができる.
  
== 解説 ==
+
== 天然記念物・RDB ==
* 本州・四国・九州・五島列島に分布する固有亜種.
+
* なし
* 広島県では島嶼部から内陸,県北の山地まで分布.
+
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
* 宮島島内では沢沿いに生息し,低地から山にかけて広く分布.
+
=== 慣用名 ===
* 繁殖期は4~5月頃.湧水のある岩の割れ目などで繁殖を行う.
+
=== 英名 ===
* 繁殖期には「グッグッグ……」という鳴き声を聞くことができる.
+
* Tago's brown frog
* 幼生(オタマジャクシ)は餌を食べることなく変態し,陸上生活を始める.
 
* 非繁殖期には沢沿いの林床などで見かけることができる.
 
[[ファイル:20140627タゴガエル幼体廿日市市宮島町坪田撮影R1087709L512.jpg|200px|thumb|right|変態後間もないタゴガエル幼体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 坪田博美, Jun. 27, 2014)]]
 
== 備考 ==
 
* [[宮島のカエル|宮島に生息するカエル]]
 
  
== 文献(引用) ==
+
=== 広島県方言 ===
* 前田憲男・松井正文. 1999. 改訂版 日本カエル図鑑. 233 pp. 文一総合出版, 東京. ISBN 978-4829921302.
+
* なし
* 内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎. 2002. 決定版 日本の両生爬虫類. 335 pp. 平凡社, 東京. ISBN 4-582-54232-8.
+
 
* 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島. ISBN 978-4885172298.
+
==ギャラリー==
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20190504タゴガエル_東広島市福富町_桑名撮影s.JPG|200px|thumb|right|タゴガエル(広島県東広島市福富町; 撮影: 桑名知碧, May 4, 2019)
 +
ファイル: 20200408タゴガエル成体あご_安芸郡海田町_中西撮影_IMG_0310s.JPG|200px|thumb|right|タゴガエル成体(メス).あごには薄墨色の模様がある.(広島県安芸郡海田町; 撮影: 中西健介, Apr. 8, 2020)
 +
ファイル:20100407タゴガエル成体_島根県安来市広瀬町_大川撮影_IMGP9150.JPG|200px|thumb|right|タゴガエル成体(島根県安来市広瀬町; 撮影: 大川博志, Apr. 7, 2010)
 +
ファイル:20140529タゴガエル成体_広島県廿日市市吉和_田守撮影_DSC_0052.JPG|200px|thumb|right|タゴガエル成体(背面)(広島県廿日市市吉和; 撮影: 田守泰裕, May 29, 2014)
 +
ファイル:20191019タゴガエル_廿日市市飯山_桑名撮影s.JPG|200px|thumb|right|非繁殖期のタゴガエル(広島県廿日市市飯山; 撮影: 桑名知碧, Oct. 19, 2019)
 +
ファイル:20140529タゴガエル亜成体_広島県廿日市市吉和_田守撮影_DSC_0036.JPG|200px|thumb|right|タゴガエル亜成体(広島県廿日市市吉和; 撮影: 田守泰裕, May 29, 2014)
 +
ファイル:19940503タゴガエル卵_呉市蒲刈町_大川撮影_タゴガエル卵.JPG|200px|thumb|right|タゴガエルの卵塊.卵は白色.水がわずかに湧き出す岩の下や土の中に産卵する.(広島県呉市蒲刈町; 撮影: 大川博志, May 3, 1994)
 +
ファイル:20190518タゴガエル尾芽胚_三次市布野町_桑名知碧撮影_P5183875s.JPG|200px|thumb|right|タゴガエルの卵(尾芽胚)(広島県三次市布野町; 撮影: 桑名知碧, May 18, 2019)
 +
ファイル:19940503タゴガエル幼生2_呉市蒲刈町産_大川撮影.JPG|200px|thumb|right|タゴガエル幼生(広島県呉市蒲刈町産; 撮影: 大川博志, May 3, 1994)
 +
ファイル:20190508タゴガエル幼生_廿日市市宮島町_池田撮影_P5080694s.JPG|200px|thumb|right|ふ化直後のタゴガエルの幼生(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, May 8, 2019)
 +
ファイル:20140627タゴガエル幼体廿日市市宮島町坪田撮影R1087709L512.jpg|200px|thumb|right|変態後間もないタゴガエル幼体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 坪田博美, Jun. 27, 2014)
 +
ファイル:20160727タゴガエル幼体_廿日市市宮島町_池田撮影_ IMG_12639.JPG|200px|thumb|right|タゴガエルの幼体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Jul. 27, 2016)
 +
</gallery>
 +
 
 +
==備考==
 +
*[[広島県のカエル]]
 +
*[[宮島のカエル|宮島に生息するカエル]]
 +
*[[ニホンアカガエルとヤマアカガエルとタゴガエルの見分け方]]
 +
 
 +
== 参考文献 ==
 +
* 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島.
 +
* 前田憲男・松井正文.  1999.  改訂版 日本カエル図鑑.  233 pp.  文一総合出版, 東京.
  
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==
* 2015/2/3 タゴガエル幼体の写真追加.
+
* 2015.01.27 タゴガエル成体の写真追加.
* 2015/1/27 タゴガエル成体の写真追加.
+
* 2015.02.03 タゴガエル幼体の写真追加.
* 2015/3/18 カテゴリ更新.
+
* 2015.03.18 カテゴリ更新.
* 2015/4/4 解説を修正.
+
* 2015.04.04 解説を修正.
 +
* 2015.07.06 カテゴリを追加.
 +
* 2015.10.12 カテゴリを追加.
 +
* 2015.12.11 参考文献修正.
 +
* 2016.01.11 インデックス修正
 
----
 
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ 動物] / [[郷土の動物|郷土の動物]] / [[郷土の動物/カエル|カエル]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のカエル]] > [[タゴガエル]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
  
 +
[[Category:動物]]
 
[[Category:広島県の動物]]
 
[[Category:広島県の動物]]
 +
[[Category:R]]
 +
[[Category:タ]]
 +
[[Category:両生類]]
 +
[[Category:無尾目]]
 +
[[Category:アカガエル科]]
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:宮島]]
 
[[Category:宮島]]
[[Category:動物]]
+
[[Category:標準和名]]
[[Category:両生類]]
 
[[Category:タ]]
 
[[Category:R]]
 

2020年12月8日 (火) 05:23時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県のカエル > タゴガエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順

タゴガエルの雌雄(左がオス,右がメス).オスの方が前脚が太い.(広島県三次市布野町産; 撮影: 桑名知碧, Jun. 5, 2020)
タゴガエル成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 坪田博美, Jun. 27, 2014)
タゴガエルの成体.あごの下の薄墨色の模様が特徴的.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Apr. 18, 2016)

タゴガエル Rana tagoi tagoi

タゴガエル(日本語 Japanese)/Tago's Brown Frog (English)

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 両生綱 Amphibia > 無尾目 Anura > アカガエル科 Ranidae > アカガエル属 Rana > タゴガエル(種) Rana tagoi > タゴガエル(亜種) Rana tagoi tagoi

解説

  • 本州・四国・九州・五島列島に分布する固有亜種.
  • 広島県では島嶼部から内陸,県北の山地まで分布.
  • 宮島島内では沢沿いに生息し,低地から山にかけて広く分布.
  • 広島県内の繁殖期は4~5月頃.湧水のある岩の割れ目などで繁殖を行う.
  • 繁殖期には「グッグッグ……」という鳴き声を聞くことができる.
  • 幼生(オタマジャクシ)は餌を食べることなく変態し,陸上生活を始める.
  • 宮島島内では,7月頃に陸に上がった小さな幼体が林床を跳ねるのを観察できる.
  • 非繁殖期には沢沿いの林床などで見かけることができる.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Tago's brown frog

広島県方言

  • なし

ギャラリー

備考

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島.
  • 前田憲男・松井正文. 1999. 改訂版 日本カエル図鑑. 233 pp. 文一総合出版, 東京.

更新履歴

  • 2015.01.27 タゴガエル成体の写真追加.
  • 2015.02.03 タゴガエル幼体の写真追加.
  • 2015.03.18 カテゴリ更新.
  • 2015.04.04 解説を修正.
  • 2015.07.06 カテゴリを追加.
  • 2015.10.12 カテゴリを追加.
  • 2015.12.11 参考文献修正.
  • 2016.01.11 インデックス修正

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県のカエル > タゴガエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる