ススキとオギのの見分け方

ススキオギは,同じイネ科ススキ属の植物であるが,以下の特徴で区別できる.

  • ススキは,根茎は短く,草地に生え,株を作り,小穂は汚黄色で,小穂の基毛は白色まれに淡紫色で,長さは小穂と同長か少し長く,第2小花の護穎に8-15mmの芒がある.以上の点で区別できる.また,葉の裏面は多少粉白色を帯びる.花期は8-10月.
  • オギは,長い根茎を持ち,水辺に生え,群生するが株を作らず,小穂は帯褐色で,小穂の基毛は銀白色で長さは小穂の2-4倍,第2小花の護穎の多くは芒がない.以上の点で区別できる.花期は9-10月.


生育

根本

標本

参考文献

大橋 広好,門田 裕一,邑田 仁,米倉 浩司,木原 浩(編).改訂新版日本の野生植物2.2016.平凡社.東京.p.89


見分け方に関連するページ

植物の見分け方

動物の見分け方

広島大学総合博物館のイベント

  • 2024年4月20日(土)13~16時に広島大学総合博物館『第100回フィールドナビ「自然と遺跡めぐり―春のキャンパスツアーと神楽鑑賞―』が開催されます.
  • 詳しくはこちら→イベントの詳細・申し込み
 

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > 植物メインページ > 郷土の植物 > ススキとオギのの見分け方