「スジハゼ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の淡水...」)
 
1行目: 1行目:
 
[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]]> [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の淡水魚]] > [[スジハゼ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] | [[魚類図鑑]] / [[魚類図鑑/分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]]
 
[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]]> [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の淡水魚]] > [[スジハゼ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] | [[魚類図鑑]] / [[魚類図鑑/分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]]
  
[[ファイル:スジハゼ_広島県倉橋島_清水撮影_sujihaze.JPG|200px|thumb|right|スジハゼ(広島県倉橋島; 撮影: 清水, Mar. of 2005)]]
+
[[ファイル:スジハゼ_広島県倉橋島_清水撮影_sujihaze.JPG|200px|thumb|right|スジハゼ(広島県倉橋島; 撮影: 清水, Mar., 2005)]]
  
 
=スジハゼ ''Acentrogobius virgatulus''=
 
=スジハゼ ''Acentrogobius virgatulus''=

2017年4月5日 (水) 23:17時点における版

デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 > スジハゼ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順

スジハゼ(広島県倉橋島; 撮影: 清水, Mar., 2005)

スジハゼ Acentrogobius virgatulus

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > ハゼ亜目 Gobioidei > ハゼ科 Gobiidae > キララハゼ属 Acentrogobius > スジハゼ Acentrogobius virgatulus

解説

  • 国内では,宮城県から九州南岸の太平洋沿岸,瀬戸内海,秋田県から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸,奄美大島,宮古島,石垣島,西表島に分布.国外では,朝鮮半島西岸・南岸,香港.汽水域や内湾域の砂底・砂泥底に分布.
  • 広島県では,瀬戸内海沿岸の諸河川や島しょ部の河川の河口に多い.
  • 体長約5cm.体色は淡褐色で体側部から尾部にかけてに4個の暗色斑が並び,全身に小青色斑が散在することで特徴づけられる.
  • 河口付近や内湾の砂泥底に生息し,テッポウエビ類が掘る巣穴で共生することが知られている.産卵もその巣穴で行う.
  • 小型甲殻類などの底生動物を食べる.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

  • ごり

関連ページ

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1994. 広島県の淡水魚, 増補改訂版. 239 pp. 中国新聞社, 広島.
  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.
  • 田口 哲. 2014. フィールドガイド 淡水魚識別図鑑 日本で見られる淡水魚の見分け方. 256 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 | 広島県の動物図鑑 / 和名順