スケバハゴロモ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年8月10日 (月) 09:42時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > スケバハゴロモ

ギシギシの茎に群がるスケバハゴロモの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 8, 2018)

スケバハゴロモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Euricania facialis

分類

  • ハゴロモ科 Ricaniidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 翅は大部分が透き通っている.
  • クワやブドウなど様々な植物の汁を吸う.
  • 幼虫は腹部末端にロウ物質でできた長い毛束をもつ.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > スケバハゴロモ