「ジグモ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ジグモ_広島大学東広島キャンパス|ジグモ]]</span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ジグモ_広島大学東広島キャンパス|ジグモ]]
  
[[ファイル: 20201011ジグモ成体メス_東広島市鏡山南葉撮影_IMG_158589s.jpg|200px|thumb|right|ジグモの成体(メス).上顎が大きく発達している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 11, 2020)]]
+
[[ファイル: 20201011ジグモ成体メス_東広島市鏡山南葉撮影_IMG_158589s.jpg|250px|thumb|right|ジグモの成体(メス).上顎が大きく発達している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 11, 2020)]]
[[ファイル: 20191224ジグモ巣_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_91310s.jpg|200px|thumb|right|ジグモの巣.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Dec. 24, 2019)]]
+
[[ファイル: 20210708ジグモ成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_229993s.jpg|250px|thumb|right|夜間徘徊するジグモの成体(オス).メスに比べ腹部が小さく脚が長い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 8, 2021)]]
 +
[[ファイル: 20191224ジグモ巣_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_91310s.jpg|250px|thumb|right|ジグモの巣.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Dec. 24, 2019)]]
  
 
=ジグモ(広島大学東広島キャンパス)=
 
=ジグモ(広島大学東広島キャンパス)=
30行目: 31行目:
 
*馬場友希・谷川明男. 2015. クモ ハンドブック. 111 pp. 文一総合出版, 東京.
 
*馬場友希・谷川明男. 2015. クモ ハンドブック. 111 pp. 文一総合出版, 東京.
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ジグモ_広島大学東広島キャンパス|ジグモ]]</span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ジグモ_広島大学東広島キャンパス|ジグモ]]
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]

2021年8月16日 (月) 14:25時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ジグモ

ジグモの成体(メス).上顎が大きく発達している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 11, 2020)
夜間徘徊するジグモの成体(オス).メスに比べ腹部が小さく脚が長い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 8, 2021)
ジグモの巣.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Dec. 24, 2019)

ジグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ジグモ

学名

  • Atypus karschi

分類

  • ジグモ科 Atypidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 林縁部や神社仏閣,公園などの木の根元や人工物の側に営巣する.
  • オス,メスともに体が全体的に黒く,上顎が発達している.
  • 地中に管状の住居を作り,上部は地上の物体に付着する.
  • 巣の地上部に触れた昆虫などを大きな上顎で仕留める.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多く,アカデミック地区でも巣を見ることができる.

備考

参考文献

  • 馬場友希・谷川明男. 2015. クモ ハンドブック. 111 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ジグモ