シャシャンボ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2016年9月17日 (土) 22:47時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > シャシャンボ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

シャシャンボの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 8, 2016)

目次

シャシャンボ Vaccinium bracteatum Thunb.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ツツジ科 Ericaceae > スノキ属 Vaccinium

解説

  • 常緑の低木で,日本に自生する野生のブルーベリーの仲間.乾燥した場所に生育するものが多い.
  • 花はあまり目立たないが,初夏につぼ状鐘形の白い花を咲かせ,晩秋に果実が熟し,可食.
  • 葉が同属の他種に比べて厚質で,葉の裏面の葉脈上に突起があることで区別できる.
  • 本種の葉の裏面には気孔が非常に少なく,この形態からも乾燥に適応したものと考えられる.
  • 広島県における本種の分布の北限線は,ほぼ,沿岸部と吉備高原面の境界線にあたる.すなわち,シイノキなどの常緑広葉樹林帯とモミ・ツガあるいはシラカシなどの中間温帯林との境界といえる.

花期

  • 6月下旬から7月下旬.
index001.jpg index002.jpg
花(宮島,2001年7月11日) 花(宮島,2001年7月5日)
index003.jpg index008.jpg
果実(宮島,2001年11月13日) 花と果実(宮島,花2001年7月,果実2001年11月)

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から沿岸部に分布.

産地

天然記念物

標本

  • 大竹市三倉岳(yy-6552),大野町経小屋山(mt-11906),湯来町湯の山(yy-3422),廿日市市地御前(km-5771),広島市鬼ヶ城山(yw-5481),府中町石井城(yw-3661),熊野町石岳山(yw-10146),黒瀬町国近(mt-7928),東広島市高屋東(km-73528),安芸津町三津(hh-6918),呉市情島(yy-10481),野呂山(mt-11987),倉橋島(yy-10442),豊島(hh-7553),上蒲刈島(yy-11918),河内町小田(yy-12415),川尻町女猫島(yy-13010),本郷町爆雪滝(yy-10398),三原市仏通寺(yw-1201),因島(yk-2200),沼隈町能登原(sf-3000),生口島(sf-4640),仙酔島(sf-4758),尾道市福地町(yk-5763),向島(yy-5675),御調町大塔(yk-5874),府中市河佐峡(sf-7133),内海町当木島(sf-1068),新市町大佐山(gi-135)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • シャシャンポ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 42310

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる