シマアメンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年10月18日 (日) 22:11時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > シマアメンボ

シマアメンボ成虫(無翅型).人が近づくと水面をすばやく泳ぎ回る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 18, 2018)
シマアメンボの成虫(長翅型).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2020)
シマアメンボの成虫(無翅型).小さな虫を捕らえていた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 24, 2018)
シマアメンボの成虫(無翅型).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 20, 2019)

シマアメンボ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Metrocoris histrio

分類

  • アメンボ科 Gerriidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 黄褐色の体に複雑な黒い模様が特徴的なアメンボ.
  • 成虫には無翅型と長翅型があり,無翅型のほうがよく見られる.
  • 流れのある川に多い.
  • キャンパス内では発見の小径を流れる小川の淀みなどで見られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > シマアメンボ