シジュウカラ 宮島

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2017年2月13日 (月) 00:23時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > シジュウカラ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

シジュウカラ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)

目次

シジュウカラ Parus minor minor

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > スズメ目 Passeriformes > シジュウカラ科 Paridae > シジュウカラ属 Parus > シジュウカラ(種) Parus minor > シジュウカラ(亜種) Parus minor minor


解説

  • ヤマガラ同様留鳥として周年棲息しているが,ヤマガラの方が多い.
  • 1976年から始まった薬剤の空中散布で一時減少したが,2002年現在は元に復したようだ.

(資料提供: 熊谷美登(厳島の鳥を知る会)/写真撮影: 熊谷美登)

備考

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.

更新履歴


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > シジュウカラ | 広島県の動物図鑑 / 和名順