サトアリヅカコオロギ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
2020年8月13日 (木) 10:48時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > サトアリヅカコオロギ

サトアリヅカコオロギ.トビイロシワアリの巣に特異的に寄生する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 24, 2020)

サトアリヅカコオロギ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Myrmecophilus teramorii

分類

  • アリヅカコオロギ科 Myrmecophilidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

備考

参考文献

  • 丸山 宗利・小松 貴・工藤 誠也・島田 拓・木野村 恭一. 2013. アリの巣の生きもの図鑑 The Guests of Japanese Ants. 222 pp. 東海大学出版会, 神奈川.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > サトアリヅカコオロギ