「ゴミグモ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
33行: 33行:
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学]]
 
[[Category:広島大学]]
[[Category:広島大学植物園]]
+
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:C]]
 
[[Category:C]]
 
[[Category:コ]]
 
[[Category:コ]]

2019年12月14日 (土) 22:04時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴミグモ

ゴミグモ成体(メス).一見どこに本体がいるのかわからない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2018)
ゴミグモ成体(メス).拡大すると脚を畳んで静止している姿が見える.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2018)

目次

ゴミグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ゴミグモ

学名

  • Cyclosa octotuberculata

分類

  • コガネグモ科 Araneidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 腹部は細長く,突起が多くてゴツゴツとしている.
  • 巣の中央で垂直方向に食べかすや自分の抜け殻を並べ,その中に脚を畳んで静止し,擬態する.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴミグモ