ゴマダラオトシブミ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴマダラオトシブミ

ゴマダラオトシブミの成虫.主にクリの葉を食べる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 15, 2021)

ゴマダラオトシブミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Paroplapoderus pardalis

分類

  • オトシブミ科 Attelabidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 橙褐色の体に黒色斑紋が散りばめられているオトシブミ.
  • メスはクリアベマキコナラの葉の一部を加工してゆりかごを作り,その中に産卵する.
  • ゆりかごは切り落とさない.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴマダラオトシブミ