コオニタビラコ

2010年3月1日 (月) 20:02時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成: = コオニタビラコ ''Lapsana''' '''apogonoides'' Maxim.= キク科 == 解説== <!--この植物の解説・写真等をここに記入します --> <!--=DESCRIPTION こ…)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

コオニタビラコ Lapsana apogonoides Maxim.

キク科


解説

水田や畑で見られる雑草.春,黄色い花をつける.匍匐茎によりよく繁殖する.水田の場合,コオニタビラコの出る所はやや乾いた環境にあることが多い.春の七草のひとつ.


慣用名

コオニ

備考

  • 環境庁コード: 58510


文献(出典)

  • 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.