コウベマイマイ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コウベマイマイ

コウベマイマイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 2, 2021)
コウベマイマイの臍孔.広く深い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 2, 2021)

コウベマイマイ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • コウベマイマイ

学名

  • Aegista kobensis kobensis

分類

  • オナジマイマイ科 Bradybaenidae

分布

  • 近畿地方,中国地方,四国.

解説

  • 殻径15 mmほどの小型のカタツムリ.
  • 殻は扁平で,コオオベソマイマイ類とは異なり表面に鱗片状突起が少ない.
  • 殻の裏の臍孔が非常に広く開く.
  • 林床に生息する.
  • 東広島キャンパス内では見られるポイントが限られている.

備考

参考文献

  • 武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コウベマイマイ