「ケキツネノボタン」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成: = ケキツネノボタン ''Ranunculus''' '''cantoniensis'' DC.= キンポウゲ科 Ranunculaceae == 解説== <!--この植物の解説・写真等を…)
 
1行目: 1行目:
= ケキツネノボタン ''Ranunculus''' '''cantoniensis'' DC.=
+
= ケキツネノボタン ''Ranunculus'' ''cantoniensis'' DC.=
  
 
[[キンポウゲ科|キンポウゲ科 Ranunculaceae]]
 
[[キンポウゲ科|キンポウゲ科 Ranunculaceae]]

2010年3月23日 (火) 17:14時点における版

ケキツネノボタン Ranunculus cantoniensis DC.

キンポウゲ科 Ranunculaceae


解説

産地

  • 東広島市

慣用名

備考

  • 環境庁コード: 18320


文献(出典)

  • 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.