「クロヤマアリ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
34行: 34行:
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学]]
 
[[Category:広島大学]]
[[Category:広島大学植物園]]
+
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:F]]
 
[[Category:F]]
 
[[Category:ク]]
 
[[Category:ク]]

2019年11月12日 (火) 18:14時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロヤマアリ

エノキの葉上のクロヤマアリ(働きアリ).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2018)

目次

クロヤマアリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Formica japonica

分類

  • アリ科 Formicidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 平地から山地にかけてふつうに見られるアリ.
  • 巣の内部にはキンアリスアブの幼虫がいることもある.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロヤマアリ