「クロメバル」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
23行目: 23行目:
 
*胸びれは通常16軟条であることで「[[アカメバル]]」「[[シロメバル]]」と区別できる.
 
*胸びれは通常16軟条であることで「[[アカメバル]]」「[[シロメバル]]」と区別できる.
 
*釣り人の間ではブルーバックと呼ばれ親しまれている.
 
*釣り人の間ではブルーバックと呼ばれ親しまれている.
 
  
 
==天然記念物・RDB==
 
==天然記念物・RDB==

2021年6月26日 (土) 12:57時点における版

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > クロメバル / 分類 / 和名順 / 学名順

クロメバル.体の背面は青味がかった黒である.(広島県江田島市沖美町; 撮影: 鮫島裕貴, May 25, 2021)
クロメバルの胸びれは通常16軟条である.(広島県江田島市沖美町; 撮影: 鮫島裕貴, May 25, 2021)

クロメバル Sebastes ventricosus

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ系 Percomorpha > スズキ目 Perciformes > カサゴ亜目 Scorpaenoidei > メバル科 Sebastidae > メバル属 Sebastes > クロメバル Sebastes ventricosus

解説

  • 浅海の岩礁域,より外海に面したところに多い.
  • 石川県能登半島~長崎県の日本海・東シナ海沿岸,岩手県,相模湾~紀伊水道の太平洋沿岸,瀬戸内海東部,高知県以布利.
  • 生時,体の背面は黒く(青味がかることもある)腹面は銀色,胸びれは黒色.
  • 胸びれは通常16軟条であることで「アカメバル」「シロメバル」と区別できる.
  • 釣り人の間ではブルーバックと呼ばれ親しまれている.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > クロメバル/ 分類 / 和名順 / 学名順