「クロウリハムシ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
35行目: 35行目:
  
 
==参考文献==
 
==参考文献==
 
+
*尾園 暁.  2014.  ハムシハンドブック.  104 pp.  文一総合出版, 東京.
 +
*槐 真史・伊丹市昆虫館.  2013.  ポケット図鑑日本の昆虫1400 (2) トンボ・コウチュウ・ハチ.  320 pp.  文一総合出版, 東京.
  
 
----
 
----

2020年9月14日 (月) 14:25時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > クロウリハムシ| 広島県の動物図鑑 / 和名順

クロウリハムシの成虫.(広島県呉市灰ヶ峰, Sep. 11, 2004)

クロウリハムシ Aulacophora nigripinnis

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > ハムシ科 Chrysomelidae > ヒゲナガハムシ亜科 Galerucinae > ‎ウリハムシ属 Aulacophora > クロウリハムシ Aulacophora nigripinnis

解説

  • 本州・四国・九州・南西諸島に分布.
  • カラスウリなどウリ科の植物を食草とするが,ダイズやシソなどほかの様々な植物の葉も食べる.
  • 葉を円形に齧って植物の防御物質を遮断するトレンチ行動を行い,それから円内の葉を食べる.
  • 体長6~7 mm.頭部,前胸は橙色,その他は光沢のある黒色.
  • 5~9月に山地で見られる.成虫で越冬する.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 尾園 暁. 2014. ハムシハンドブック. 104 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (2) トンボ・コウチュウ・ハチ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > クロウリハムシ| 広島県の動物図鑑 / 和名順