クロアゲハ 広島大学東広島キャンパス

2017年7月12日 (水) 00:27時点におけるStudent01 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロアゲハ

クロアゲハの成虫.道路上で吸水している(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul 7, 2017)

クロアゲハ

和名

学名

  • Papilio protenor

分類

  • アゲハチョウ科 アゲハチョウ属

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,奄美大島


解説

  • オスの後翅前縁には長楕円形の白斑がある.メスは後翅外縁の赤斑が表面でより発達する.
  • 東広島キャンパスでは個体数は少なくない.
  • 食草は,カラタチユズなど(ミカン科).

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロアゲハ