クラスター根

クラスター根 Cluster Root

 
Hakea Laurinaのクラスター根(水耕栽培)(オーストラリア産種子; 撮影: 山田大綱, Apr. 09, 2021)
 
ヤマモモのクラスター根(水耕栽培)(廿日市市宮島町; 撮影: 愛原健司, Jun. 28, 2021)
 
ヤマモモのクラスター根(根箱栽培)(廿日市市宮島町; 撮影: 愛原健司, Apr. 20, 2021)

概要

  • 植物にとって重要な栄養素であるリンの乏しい環境で抜群の機能を発揮する特殊な形態の根.
  • 根毛や小根が密になり,試験管ブラシのような構造となる.
  • マメ科,ヤマモガシ科,ヤマモモ科,モクマオウ科,カバノキ科,グミ科,ウリ科,クワ科で発見されている.

機能

その他

  • 1889年,Englerによって初めて観察・記述された.Proteaceae(ヤマモガシ科)で見つかったことから,プロテオイド根(Proteoid Root)と名付けられたが,のちに他の植物でも似たような形状の根が確認されたため,その見た目からクラスター根と呼ばれるようになった。
  • クラスター根を形成する植物種の多くがオーストラリアやアフリカ,南アメリカなどの南半球を中心に分布しているが,北アメリカやヨーロッパ,アジア,太平洋諸島などの北半球にも分布している.貧栄養な地域に優占する.
  • 日本では宮島に自生するヤマモガシヤマモモからクラスター根が見つかっている.
  • 2020年,モデル植物としてシロバナルーピン(マメ科ルピナス属)の全ゲノム情報が解読された.
  • 同様な根の形態変化として,ダウシフォーム根キャピラロイド根も知られている.

関連ページ(ヤマモガシ)