クマスズムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年10月17日 (木) 16:55時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クマスズムシ

クマスズムシの成虫(メス).産卵管があり,翅の筋が単純.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 23, 2019)

目次

クマスズムシ

和名

学名

  • Sclerogryllus punctatus

分類

  • コオロギ科 Gryllidae

分布

  • 本州,四国,九州,対馬,八丈島,南西諸島.

解説

  • オスは「シュリシュリシュリリリリ…キーーーーーン」と独特な声で鳴く.
  • 触角の途中に白い部分がある.
  • 林縁の草地に多い.
  • 秋に見られる.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 日本直翅類学会・村井貴史・伊藤ふくお. 2011. バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑. 728 pp. 北海道大学出版会, 札幌.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クマスズムシ