「クズノチビタマムシ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
2行目: 2行目:
  
 
[[ファイル:20180602クズノチビタマムシ成虫_広島県東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_10762s.JPG|250px|thumb|right|[[クズ]]の葉表にいたクズノチビタマムシ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 2, 2018)]]
 
[[ファイル:20180602クズノチビタマムシ成虫_広島県東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_10762s.JPG|250px|thumb|right|[[クズ]]の葉表にいたクズノチビタマムシ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 2, 2018)]]
 +
[[ファイル: 20180624クズノチビタマムシ成虫ペア_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_14876s.JPG|200px|thumb|right|交尾中のクズノチビタマムシ成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun.24, 2018)]]
  
 
=クズノチビタマムシ=
 
=クズノチビタマムシ=

2018年6月30日 (土) 02:04時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クズノチビタマムシ

クズの葉表にいたクズノチビタマムシ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 2, 2018)
交尾中のクズノチビタマムシ成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun.24, 2018)

クズノチビタマムシ

和名

学名

  • Trachys auricollis

分類

  • タマムシ科 チビタマムシ属

分布

  • 北海道,本州,四国,九州に分布する.

解説

  • 小さなタマムシの仲間で,クズを食草としている.
  • 頭部,胸部には金色の毛が生えており,上翅には白い波状紋が見られ,鈍い金属光沢もある.
  • 東広島キャンパスではクズの多い生態実験園でよく見られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クズノチビタマムシ