クスベニヒラタカスミカメ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クスベニヒラタカスミカメ

クスベニヒラタカスミカメの成虫.近年確認された外来種.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 29, 2019)
クスベニヒラタカスミカメの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 9, 2020)
クスベニヒラタカスミカメの幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 9, 2020)

クスベニヒラタカスミカメ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Mansoniella cinnamomi

分類

  • カスミカメムシ科 Miridae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 中国原産の外来種で,2015年から日本で確認され,急速に分布を拡大している.
  • クスノキに寄生し,被害を受けた葉は多くの赤い斑(食痕)ができる.
  • キャンパス内での個体数は多く,山中池のクスノキや第4テニスコート付近のクスノキで確認済.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クスベニヒラタカスミカメ