クスノキ 広島大学東広島キャンパス

2016年3月25日 (金) 05:32時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 西条キャンパスの植物

クスノキQuercus glauca Thunb. 広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)

クスノキ(西条キャンパスの植物)

和名

学名

  • Cinnamomum camphora (L.) J.Presl

分類

  • クスノキ科ニッケイ属 Lauraceae

分布

  • 関東以西の本州の暖地・四国・九州に移入.台湾,中国大陸,インドシナ半島.

花期

  • 4月

特徴

  • 常緑高木で,三行脈が目立つ.社寺林や街路樹などで利用されるが,最近の研究で史前帰化植物のひとつと考えられている.