「クスノキ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
1行: 1行:
 +
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[クスノキ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
 
= クスノキ ''Cinnamomum'' ''camphora'' (L.) J.Presl=
 
= クスノキ ''Cinnamomum'' ''camphora'' (L.) J.Presl=
[= ''Cinnamomum'' ''camphora'' (L.) Siebold]
 
  
[[クスノキ科|クスノキ科 Lauraceae]]
+
== シノニム ==
 
+
=== その他 ===
ニッケイ属 Cinnamomum
+
* ''Cinnamomum'' ''camphora'' (Linn.) Sieb.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)
  
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 +
> [[クスノキ科|クスノキ科 Lauraceae]]
 +
> [[ニッケイ属|ニッケイ属 ''Cinnamomum'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
13行: 19行:
  
 
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 +
沿岸部から島嶼部に分布し,寺社にしばしば大木がある.県天「海田観音免のクスノキ」(海田町),県天「艮神社のクス」(尾道市),東広島市天「二宮神社のクスノキ」,呉市天「八伊和華神社のクスノキ」,三原市天「糸碕神社のクスノキ」[胸高幹囲 13.5m,渡辺新一郎(1996)による1994年の測定,県内最大],竹原市天「楠大明神の楠」,大和町天「下草井,住田のクス」,因島市天「祇園社のクス」; 「天満宮のクス」,大崎町天「原田,元岡邸及び松岡邸,中野光禅寺のクスノキ(3件)」,福山市天「太田神社の大クスノキ」.
  
== 慣用名==
+
=== 花期 ===
*クス
+
 
 +
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
 +
 
 +
== 標本 ==
 +
* 竹原市黒滝山(yy-4430),広島市桐原(yw-23),府中町多家神社(yw-2090),倉橋島(yw-4247),呉市情島(mt-7069),安浦町安登(mt-10763),廿日市市上平良(yw-7463),仙酔島(sf-4750),三原市赤石(yk-4781),因島(yk-4796),新市町福戸橋(sf-5400),沼隈町臼木山(sf-5719),向島(yk-5861),福山市本谷(sf-6544),内海町当木島(sf-1053),尾道市大山田(yk-1270),新市町宮内(yk-9859)
 +
 
 +
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 +
=== 慣用名 ===
 +
* クス
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 16450
 
* 環境庁コード: 16450
 
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
* 河毛(1974),関ほか(1975),土井(1983),江塚・松本(1985),関ほか(1994),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)
 
+
 
----
 
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:ク]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:クスノキ科]]

2011年7月4日 (月) 17:35時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > クスノキ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

クスノキ Cinnamomum camphora (L.) J.Presl

シノニム

その他

  • Cinnamomum camphora (Linn.) Sieb.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > クスノキ科 Lauraceae > ニッケイ属 Cinnamomum

解説

沿岸部から島嶼部に分布し,寺社にしばしば大木がある.県天「海田観音免のクスノキ」(海田町),県天「艮神社のクス」(尾道市),東広島市天「二宮神社のクスノキ」,呉市天「八伊和華神社のクスノキ」,三原市天「糸碕神社のクスノキ」[胸高幹囲 13.5m,渡辺新一郎(1996)による1994年の測定,県内最大],竹原市天「楠大明神の楠」,大和町天「下草井,住田のクス」,因島市天「祇園社のクス」; 「天満宮のクス」,大崎町天「原田,元岡邸及び松岡邸,中野光禅寺のクスノキ(3件)」,福山市天「太田神社の大クスノキ」.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 竹原市黒滝山(yy-4430),広島市桐原(yw-23),府中町多家神社(yw-2090),倉橋島(yw-4247),呉市情島(mt-7069),安浦町安登(mt-10763),廿日市市上平良(yw-7463),仙酔島(sf-4750),三原市赤石(yk-4781),因島(yk-4796),新市町福戸橋(sf-5400),沼隈町臼木山(sf-5719),向島(yk-5861),福山市本谷(sf-6544),内海町当木島(sf-1053),尾道市大山田(yk-1270),新市町宮内(yk-9859)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • クス

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 16450

文献(出典)

  • 河毛(1974),関ほか(1975),土井(1983),江塚・松本(1985),関ほか(1994),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる