ギボシヒメグモ 広島大学東広島キャンパス

2022年5月12日 (木) 02:50時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ギボシヒメグモ

ギボシヒメグモの成体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 6, 2022)
ギボシヒメグモの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 28, 2020)

ギボシヒメグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ギボシヒメグモ

学名

  • Chikunia albipes

分類

  • ヒメグモ科 Theridiidae

分布

  • 日本全国.

解説

  • 腹部が擬宝珠(寺院の階段の手すりなどにある飾り)の形をしている.
  • 林縁部の広葉樹の葉裏に見られる.
  • 色彩は黒や赤褐色など変異に富む.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献

  • 新海 栄一. 2017. 増補改訂版日本のクモ. 408 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ギボシヒメグモ