キンモクセイ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > キンモクセイ

キンモクセイ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 5, 2018)

キンモクセイ(広島大学東広島キャンパスの植物)

日本語

和名 Japanese name

  • キンモクセイ

学名

  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino
  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. aurantiacus (Makino) P.S.Green(最近はこちらの学名が採用されることが多い)

分類

  • モクセイ科 Oleaceae

分布

  • 中国南部原産.

花期

  • 9-10月

特徴

  • 常緑樹.雌雄異株.
  • 植栽され生垣などに利用される.江戸時代に日本に渡来とされる.日本では結実しないが,雄株しか入っていないためと考えられている.
  • 花は生薬として利用される.また,中国では花を利用した桂花茶がある.
  • 花は芳香を放つが,これは花の色の元となっているカロテノイドが分解された揮発成分による.とくに,イオノンと呼ばれるテルペノイドの一種が関係していることが分かっている(Baldermann et al. 2010).なお,イオノンスミレの精油成分にも含まれ,甘い香りに関係する.
  • 属名のOsmanthusは,osme(香り,匂い)とanthos(花)から.
  • 広義モクセイ(Osmanthus fragrans Lour.)の一変種(var. aurantiacus Makino)とされることが多かったが,最近は品種のレベル(f. aurantiacus (Makino) P.S.Green)で区別されることが多い.

English

English name

Scientific name

  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino
  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. aurantiacus (Makino) P.S.Green

Taxonomy

Distribution

Flowering season

  • September to October

Notes

中文

中文名 Chinese name

  • 木犀
  • 桂花

科学名

  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino
  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. aurantiacus (Makino) P.S.Green

分类

  • 木犀科 Oleaceae

分布

  • 原产于中国南方。

开花季节

  • 9-10月

解说

  • 常青树。 雌雄同株。
  • 栽种用作绿篱。 据信该种是在江户时期(1603-1868)传入日本的。 但该种在日本不结实,这被认为是由于只引入雄性植物的原因。
  • 花可以被作为草药使用。 在中国,花被用来制作桂花茶。
  • 花朵散发出芳香的气味,由于分解的类胡萝卜素的挥发性成分,使花朵具有颜色。 特别是,已经发现一种被称为离子酮的萜类化合物参与其中(Baldermann等人,2010)。 离子酮也存在于紫罗兰的精油成分中,是其甜美香味的来源。
  • 属名Osmanthus来自osme(嗅觉,气味)和anthos(花)。
  • 它通常被认为是阔叶木兰(Osmanthus fragrans Lour.)的变种(var. aurantiacus' Makino),但现在在种的层次通常被区分为另一种(f. aurantiacus (Makino) P.S.Green) 。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > キンモクセイ