「キンモクセイ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
 
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/ 広島大学デジタルミュージアム] > [[キャンパスまるごと博物館]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの植物]] > [[東広島キャンパスの植栽]] > [[キンモクセイ_広島大学東広島キャンパス|キンモクセイ]]
 
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/ 広島大学デジタルミュージアム] > [[キャンパスまるごと博物館]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの植物]] > [[東広島キャンパスの植栽]] > [[キンモクセイ_広島大学東広島キャンパス|キンモクセイ]]
  
[[ファイル:20160930キンモクセイ_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_14713.JPG|150px|thumb|right|キンモクセイ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)]]
+
[[ファイル:20160930キンモクセイ_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_14713.JPG|200px|thumb|right|キンモクセイ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)]]
[[ファイル:20160930キンモクセイ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_14715.JPG|200px|thumb|right|キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)]]
+
[[ファイル:20160930キンモクセイ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_14715.JPG|250px|thumb|right|キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)]]
[[ファイル:20181005キンモクセイ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_32030s.JPG|200px|thumb|right|キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 5, 2018)]]
+
[[ファイル:20181005キンモクセイ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_32030s.JPG|250px|thumb|right|キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 5, 2018)]]
 
=キンモクセイ(広島大学東広島キャンパスの植物)=
 
=キンモクセイ(広島大学東広島キャンパスの植物)=
 
==日本語==
 
==日本語==

2021年10月15日 (金) 16:38時点における最新版

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > キンモクセイ

キンモクセイ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
キンモクセイの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 5, 2018)

キンモクセイ(広島大学東広島キャンパスの植物)

日本語

和名 Japanese name

  • キンモクセイ

学名

  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino
  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. aurantiacus (Makino) P.S.Green(最近はこちらの学名が採用されることが多い)

分類

  • モクセイ科 Oleaceae

分布

  • 中国南部原産.

花期

  • 9-10月

特徴

  • 常緑樹.雌雄異株.
  • 植栽され生垣などに利用される.江戸時代に日本に渡来とされる.日本では結実しないが,雄株しか入っていないためと考えられている.
  • 花は生薬として利用される.また,中国では花を利用した桂花茶がある.
  • 花は芳香を放つが,これは花の色の元となっているカロテノイドが分解された揮発成分による.とくに,イオノンと呼ばれるテルペノイドの一種が関係していることが分かっている(Baldermann et al. 2010).なお,イオノンスミレの精油成分にも含まれ,甘い香りに関係する.
  • 属名のOsmanthusは,osme(香り,匂い)とanthos(花)から.
  • 広義モクセイ(Osmanthus fragrans Lour.)の一変種(var. aurantiacus Makino)とされることが多かったが,最近は品種のレベル(f. aurantiacus (Makino) P.S.Green)で区別されることが多い.

English

English name

Scientific name

  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino
  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. aurantiacus (Makino) P.S.Green

Taxonomy

Distribution

Flowering season

  • September to October

Notes

中文

中文名 Chinese name

科学名

  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino
  • Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. aurantiacus (Makino) P.S.Green

分类

分布

开花季节

解说

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > キンモクセイ