「キツネノマゴ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
= キツネノマゴ =
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[キツネノマゴ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
  
''Justicia'' ''procumbens'' L.
+
[[ファイル:20190906キツネノマゴ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_48817s.JPG|200px|thumb|right|キツネノマゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 6, 2019)]]
 +
[[ファイル:20200905キツネノマゴ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_60190s.JPG|200px|thumb|right|キツネノマゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 5, 2020)]]
 +
[[ファイル:20190913シロバナキツネノマゴ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_48983s.JPG|200px|thumb|right|シロバナキツネノマゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 13, 2019)]]
  
キツネノマゴ科
+
= キツネノマゴ ''Justicia procumbens'' L.=
  
 +
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
 +
* ''Justicia procumbens'' Linn.([[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997]]で採用.)
 +
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 +
> [[キツネノマゴ科|キツネノマゴ科 Acanthaceae]]
 +
> [[キツネノマゴ属|キツネノマゴ属 ''Justicia'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
* 時にシロバナキツネノマゴ[f. leucantha Honda]がある.
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
 
 +
=== 花期 ===
 +
 
 +
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
* 広島県では,島嶼部から吉備高原面に広く分布するが,中国山地の高所には見られない.
  
 +
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 標本 ==
 +
* 滝山峡(yy-1408),宮島(rn-6469),極楽寺山(yw-8819),広島市横谷(yw-1417),府中町榎川(yw-3733),熊野町迫分(yw-9840),東広島市高屋東(km-73534),呉市白糸滝(mt-9647),野呂山(mt-9259),江田島(mt-9327),倉橋町鹿島(sy-92),本郷町用倉(yy-6798),総領町馬場(yw-7527),甲山町男鹿山(ns-1103),世羅西町黒川(ns-1940),御調町諸原(yk-3880),三原市太平山(yk-4213),尾道市摩訶衍山(sf-3255),沼隈町横倉(sf-3484),甲奴町品の滝(ns-2263),口和町常定(hn-297),君田村庵(tk-393),高野町判官山(hh-8726),新市町宮内(yk-9889),神辺町東中条(sf-10343),福山市矢川(sf-2569),神石郡三和町猿が馬場(yk-10556)
 +
* シロバナキツネノマゴ:上蒲刈島(yy-2498),御調町大塔(yk-3713),三原市大平山(yk-4257)
  
== 慣用名==
+
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
キツネノゴマ
+
=== 慣用名 ===
 +
* キツネノゴマ
 +
 
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 51690
 
* 環境庁コード: 51690
  
 +
== 文献(出典)==
 +
* 関ほか(1975),土井(1983),山下(1988),渡辺ほか(1996),関ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
== 文献(出典)==
+
----
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 
 +
[[Category:植物]]
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:J]]
 +
[[Category:キ]]
 +
[[Category:維管束植物]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:双子葉植物]]
 +
[[Category:シソ目]]
 +
[[Category:キツネノマゴ科]]
 +
[[Category:標準和名]]

2020年9月18日 (金) 12:49時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > キツネノマゴ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

キツネノマゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 6, 2019)
キツネノマゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 5, 2020)
シロバナキツネノマゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 13, 2019)

キツネノマゴ Justicia procumbens L.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キツネノマゴ科 Acanthaceae > キツネノマゴ属 Justicia

解説

  • 時にシロバナキツネノマゴ[f. leucantha Honda]がある.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から吉備高原面に広く分布するが,中国山地の高所には見られない.

産地

天然記念物

標本

  • 滝山峡(yy-1408),宮島(rn-6469),極楽寺山(yw-8819),広島市横谷(yw-1417),府中町榎川(yw-3733),熊野町迫分(yw-9840),東広島市高屋東(km-73534),呉市白糸滝(mt-9647),野呂山(mt-9259),江田島(mt-9327),倉橋町鹿島(sy-92),本郷町用倉(yy-6798),総領町馬場(yw-7527),甲山町男鹿山(ns-1103),世羅西町黒川(ns-1940),御調町諸原(yk-3880),三原市太平山(yk-4213),尾道市摩訶衍山(sf-3255),沼隈町横倉(sf-3484),甲奴町品の滝(ns-2263),口和町常定(hn-297),君田村庵(tk-393),高野町判官山(hh-8726),新市町宮内(yk-9889),神辺町東中条(sf-10343),福山市矢川(sf-2569),神石郡三和町猿が馬場(yk-10556)
  • シロバナキツネノマゴ:上蒲刈島(yy-2498),御調町大塔(yk-3713),三原市大平山(yk-4257)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • キツネノゴマ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 51690

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる