キクシダレ 廣島大學櫻曼荼羅

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年4月24日 (水) 22:32時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > キクシダレ

キクシダレの花(広島県東広島市 東広島キャンパス西駐車場; 撮影: 池田誠慈, Apr. 25, 2017)
キクシダレの花(広島県東広島市 東広島キャンパス西駐車場; 撮影: 池田誠慈, Apr. 25, 2017)
キクシダレの花(広島県東広島市 東広島キャンパス西駐車場; 撮影: 池田誠慈, Apr. 25, 2017)
キクシダレ(菊枝垂)の花(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス西駐車場; 撮影: 池田誠慈, Apr. 19, 2019)
キクシダレ(菊枝垂)の花(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス西駐車場; 撮影: 池田誠慈, Apr. 23, 2019)
キクシダレ(広島県東広島市 広島大学東広島キャンパス; 撮影: 青山幹男)
キクシダレの花(広島県東広島市 東広島キャンパス西駐車場; 撮影: 池田誠慈, Apr. 10, 2018)
キクシダレのがく筒.小花柄は無毛.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 13, 2018)
キクシダレの花芽(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 17, 2017)

目次

キクシダレ Cerasus Sato-zakura Group 'Plena-pendula'

キクシダレ(Kikusidare 菊枝垂):C. Sato-zakura Group 'Plena-pendula'

ヤマザクラ群サトザクラ系栽培品種.4月中旬~下旬開花.八重(花弁数50–100,菊咲).花径4 cm.蕾(つぼみ)は濃紅紫色.花弁は紅紫色.花の中央部分の花弁が細くよじれて盛り上がる菊咲き.花柄が長く,花は下を向く.枝垂れる.開花が先行し,次いで緑褐色の若葉が展開.

シノニム synonym

  • Cerasus jamasakura 'Plena-pendula'
  • Cerasus serrulata 'Plena-pendula'

解説

  • 栽培品種(ヤマザクラ群サトザクラの仲間)
  • 植栽
  • 1922年に三好学が記載した際に東北地方に多く栽培されていると述べている.他の地方でもみられるため,古くからある品種ではないかと考えられている.

広島大学内での生育場所

  • 西駐車場(東広島キャンパス)

由来

キクシダレ(菊枝垂)

基本データ

和名・品種名
菊枝垂
読み
キクシダレ
開花期
4月中旬
紅紫色
花弁数
菊咲
サイズ
小高木
樹形
枝垂れ
場所
西駐車
本数
2

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > キクシダレ