カンザン 宮島

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年3月16日 (火) 14:14時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > サクラ情報 | 植物 > 郷土の植物 > 宮島

‘関山’カンザン(広島県廿日市市宮島)

解説

宮島のサクラ(坪田・中原-坪田 2020)より

‘関山’ Cerasus Sato-zakura Group ‘Sekiyama’:カンザン。別名、セキヤマ。
ヤマザクラ群サトザクラ系栽培品種。4月中旬–4月下旬開花。花は八重(花弁数20–45)で大輪、花径5 cm。花弁は紅紫色。花弁はねじれ、花の内側の花弁が立ち上がる傾向があり、花の中央部が盛り上がる。萼片は平坦で、ほとんど鋸歯がない。萼片や萼筒に光沢があることが多い。雌しべは2本で、柱頭と花柱上部を残して葉化し、葉化部分は鋸歯があり緑色。葉は単鋸歯が多く、鋸歯片が細かい。樹幹は平滑。花を塩漬けにして桜湯にする。宮島島内では市街地やその周辺で観察できる。

宮島島内で観察できる場所

  • 大元公園など

基本データ

和名・品種名
関山
読み
カンザン,セキヤマ
開花期
4月中旬~4月下旬
紅紫色
花弁数
八重
花の大きさ
大輪
サイズ・樹高
樹形
場所
市街地とその周辺
本数

代表的な宮島のサクラの種類


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / メインページ / 植物 / 郷土の植物 / 宮島 / 宮島のサクラ / サクラ情報 にもどる