「カワラナデシコ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成: = カワラナデシコ ''Dianthus''' '''superbus''' L. var. '''longicalycinus'' (Maxim.) Williams= ナデシコ科 Caryophyllaceae == 解説== <!--この植物の解説・写…)
 
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
= カワラナデシコ ''Dianthus''' '''superbus''' L. var. '''longicalycinus'' (Maxim.) Williams=
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[カワラナデシコ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
 
+
= カワラナデシコ ''Dianthus'' ''superbus'' L. var. ''longicalycinus'' (Maxim.) Williams=
ナデシコ科 Caryophyllaceae
+
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
 +
* ''Dianthus superbus'' Linn. var. ''longicalycinus'' (Maxim.) Williams([[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997]]で採用.)
  
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 +
> [[ナデシコ科|ナデシコ科 Caryophyllaceae]]
 +
> [[ナデシコ属|ナデシコ属 ''Dianthus'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
 
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
 
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
 
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 +
秋の七草として有名であるが,近年,急激に減少している.農村地帯の過疎により山道や草刈場などで定期的な草刈が行われなくなったために,他の植物が茂ってナデシコが消滅したことや車道拡張などの影響も大きい.一方,のり面植栽に混じってエゾカワラナデシコの型や白花の品種が侵入している所もある.
 +
 +
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 +
=== 花期 ===
  
 +
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 標本 ==
 +
* 比和町越原(yy-9569),広島市飯室(km-51745),比婆山(hh-5416),芸北町一兵山家山(hh-7129),呉市白岳山(hh-7166),廿日市市後畑(mt-14345),三原市太平山(yk-4198),因島(yk-4824),世羅町新山(ns-1573),甲山町男鹿山(ns-976),吉和村冠山(yh-121),河内町入野(sf-6128),東城町森(hn-1477),御調町菅野(yk-7355),野呂山(mt-15946),尾道市久山田(yk-1283),世羅西町黒川(sf-1381),豊松村有木(sf-1437),道後山(yo-66),上蒲刈島(mh-11411),甲奴町宇根(yk-9650),福山市法成寺(sf-10199),三良坂町灰塚(ts-79263),帝釈峡(sf-5594)
  
== 慣用名==
+
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
ナデシコ
+
=== 慣用名 ===
 +
* ナデシコ
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 14850
 
* 環境庁コード: 14850
 
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
* 堀川ほか(1959),土井(1983),吉野(1989),関ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
 
----
 
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 +
[[Category:植物]]
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:D]]
 +
[[Category:カ]]
 +
[[Category:維管束植物]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:双子葉植物]]
 +
[[Category:ナデシコ科]]
 +
[[Category:標準和名]]

2016年7月7日 (木) 20:41時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > カワラナデシコ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

カワラナデシコ Dianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) Williams

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ナデシコ科 Caryophyllaceae > ナデシコ属 Dianthus

解説

秋の七草として有名であるが,近年,急激に減少している.農村地帯の過疎により山道や草刈場などで定期的な草刈が行われなくなったために,他の植物が茂ってナデシコが消滅したことや車道拡張などの影響も大きい.一方,のり面植栽に混じってエゾカワラナデシコの型や白花の品種が侵入している所もある.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 比和町越原(yy-9569),広島市飯室(km-51745),比婆山(hh-5416),芸北町一兵山家山(hh-7129),呉市白岳山(hh-7166),廿日市市後畑(mt-14345),三原市太平山(yk-4198),因島(yk-4824),世羅町新山(ns-1573),甲山町男鹿山(ns-976),吉和村冠山(yh-121),河内町入野(sf-6128),東城町森(hn-1477),御調町菅野(yk-7355),野呂山(mt-15946),尾道市久山田(yk-1283),世羅西町黒川(sf-1381),豊松村有木(sf-1437),道後山(yo-66),上蒲刈島(mh-11411),甲奴町宇根(yk-9650),福山市法成寺(sf-10199),三良坂町灰塚(ts-79263),帝釈峡(sf-5594)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ナデシコ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 14850

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる