カブトゴミムシダマシ 広島大学東広島キャンパス

2019年7月25日 (木) 22:54時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カブトゴミムシダマシ

カブトゴミムシダマシの成虫.ヒトクチタケの内部で生活するが,たまに枯れたマツの表面を歩く姿が見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)

カブトゴミムシダマシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Parabolitophagus felix

分類

  • ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae

分布

  • 本州(資料不足).

解説

  • 背面が茶褐色で,鞘翅がゴツゴツとしているゴミムシダマシ.
  • ヒトクチタケに穴を開け,その中で生活する.
  • 枯れたアカマツの樹皮上を歩く姿も見られる.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カブトゴミムシダマシ