カナメモチ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年1月28日 (金) 12:01時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動

カナメモチ(東広島キャンパス)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Photinia glabra (Thunb.) Maxim.

分類

  • バラ科 Rosaceae

分布

  • 本州(東海道以西)・四国・九州に自生.
  • 中国・ビルマ・タイに分布.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • バラ科の常緑小高木.
  • 樹皮は暗褐色で網目状に剥がれる.
  • 葉は革質で,長楕円形から狭卵形または狭倒卵形で鋭頭または鋭尖頭.葉縁は基部から先端まで,細鋸歯が並ぶ.新葉は赤みを帯びる.
  • 果実は赤色.
  • 東広島キャンパスでは至る所に垣根として植栽されている.
  • 近年では本種とオオカナメモチを交配させた栽培品種'レッド・ロビン'が植栽される.

English

English name

  • Japanese photinia

Scientific name

  • Photinia glabra (Thunb.) Maxim.

Taxonomy

  • Rosaceae

Distribution

  • Native in Honshu (Tokaido and westward), Shikoku and Kyushu.
  • Distributed in China, Burma and Thailand.

Flowering season

  • Under investigation

Notes

  • A small evergreen tree of the rose family, Rosaceae.
  • Bark is dark brown and reticulate.
  • Lobes leathery, oblong-ovate to narrowly ovate or narrowly obovate, acute or acuminate. Leaf margins lined with fine serrations from base to tip. New leaves reddish.
  • Fruit red.
  • At the Higashi-Hiroshima Campus, those trees are planted as hedges everywhere.
  • In recent years, the cultivar Photinia ×fraseri W.J.Dress 'Red Robin', which is a cross between this species and Photinia serratifolia (Desf.) Kalkman, has been planted.

中文

中文名 Chinese name

  • 光葉石楠

科学名

  • Photinia glabra (Thunb.) Maxim.

分类

分布

开花季节

解说

ギャラリー Gallery 画廊

関連ページ


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > カナメモチ