カトウツケオグモ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年8月9日 (日) 20:29時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カトウツケオグモ

カトウツケオグモの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 31, 2020)
カトウツケオグモの成体(メス).樹木の葉上などに稀に見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 6, 2018)
カトウツケオグモの幼体.臭いを放出することがある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 4, 2019)

カトウツケオグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • カトウツケオグモ

学名

  • Phrynarachne katoi

分類

  • カニグモ科 Thomisidae

分布

  • 本州,四国,九州,沖縄.

解説

  • 鳥の糞に擬態している.
  • 樹林地の葉の上などで静止していることが多い.
  • 個体数が少なく,希少種と言われている.
  • 東広島キャンパスでは山中遺跡で確認することができた.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カトウツケオグモ