「カキノキ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
16行目: 16行目:
 
*落葉高木.
 
*落葉高木.
 
*各地で果樹のための栽培され,多くの園芸品種がある.
 
*各地で果樹のための栽培され,多くの園芸品種がある.
*葉は7-15 cmで光沢が強い.落葉期には紅葉し,着色の良いものは日本料理の飾りとして利用されることもある.
+
*葉は7-15 cmで光沢が強い.落葉期には紅葉する.
 
*果実は黄赤色に熟し,甘いものや渋いものなどがある.
 
*果実は黄赤色に熟し,甘いものや渋いものなどがある.
 +
*葉は柿の葉寿司などに利用される.また,渋柿から作られる柿渋(かきしぶ)はタンニンを多く含み,染料や塗料,薬として利用されていた.
  
 
==English==
 
==English==

2021年9月19日 (日) 22:12時点における版

カキノキ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Diospyros kaki Thunb.

分類

  • カキノキ科 Ebenaceae

分布

  • 本州(西部)・四国・九州,朝鮮(済州島)・中国に分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • 落葉高木.
  • 各地で果樹のための栽培され,多くの園芸品種がある.
  • 葉は7-15 cmで光沢が強い.落葉期には紅葉する.
  • 果実は黄赤色に熟し,甘いものや渋いものなどがある.
  • 葉は柿の葉寿司などに利用される.また,渋柿から作られる柿渋(かきしぶ)はタンニンを多く含み,染料や塗料,薬として利用されていた.

English

English name

Scientific name

  • Diospyros kaki Thunb.

Taxonomy

  • Ebenaceae

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

  • 柿蒂

科学名称

  • Diospyros kaki Thunb.

分类

  • 柿树科 Ebenaceae

分布

  • 它分布于本州(西部)、四国、九州、朝鲜(济州岛)、中国等地。

开花季节

  • 调查中

解说

  • 落叶乔木。
  • 在很多地方被当作果树栽培,有很多园艺品种。
  • 叶子有7-15厘米长,有光泽。 叶子在落叶季节变成红色,颜色鲜艳的叶子有时在日本料理中被用作装饰。
  • 果实成熟后呈黄红色,有些是甜的,有些是涩的。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > カキノキ