「カキツバタ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(備考)
 
1行: 1行:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[カキツバタ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[カキツバタ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
 +
 
 +
[[ファイル:20200522カキツバタ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_58753s.JPG|200px|thumb|right|カキツバタの花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, May 22, 2020)]]
  
 
= カキツバタ ''Iris laevigata'' Fisch.=
 
= カキツバタ ''Iris laevigata'' Fisch.=
43行: 45行:
  
 
----
 
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
  
 
[[Category:植物]]
 
[[Category:植物]]
52行: 54行:
 
[[Category:被子植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 
[[Category:単子葉植物]]
 
[[Category:単子葉植物]]
 +
[[Category:キジカクシ目]]
 
[[Category:アヤメ科]]
 
[[Category:アヤメ科]]
 
[[Category:標準和名]]
 
[[Category:標準和名]]

2020年5月28日 (木) 15:39時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > カキツバタ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

カキツバタの花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, May 22, 2020)

目次

カキツバタ Iris laevigata Fisch.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > アヤメ科 Iridaceae > アヤメ属 Iris

解説

  • 1930年代に牧野富太郎によって発見された芸北町八幡の群落は,その後,県天然記念物に指定されたが,区画整理などのために解除になった.現在でも,八幡高原には小規模な個体群の自生地は点在する.
  • 最近,大和町で,実光紀之によりかなり大きな個体群の自生が確認された.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 芸北町(yw-7434),大和町(ns-778)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ:絶滅危惧II類(VU)
  • 環境庁RDBカテゴリ:準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁コード: 64450
  • 県RDB

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる