「オオミズアオとオナガミズアオの見分け方」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
9行目: 9行目:
 
**翅端は丸みを帯び,翅の外縁が緩く波打つ.
 
**翅端は丸みを帯び,翅の外縁が緩く波打つ.
 
**幼虫は頭部が茶褐色.
 
**幼虫は頭部が茶褐色.
 +
**食樹は様々な広葉樹.
 
*[[オナガミズアオ_広島大学東広島キャンパス|オナガミズアオ]]の傾向
 
*[[オナガミズアオ_広島大学東広島キャンパス|オナガミズアオ]]の傾向
 
**後翅の眼状紋はより円形で大きく見える.
 
**後翅の眼状紋はより円形で大きく見える.
14行目: 15行目:
 
**翅端は尖り,翅の外縁が直線的.
 
**翅端は尖り,翅の外縁が直線的.
 
**幼虫は頭部が緑色.
 
**幼虫は頭部が緑色.
 +
**食樹は[[ハンノキ|ハンノキ類]],[[オオバヤシャブシ|ヤシャブシ類]]に限られる.
  
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">

2021年10月6日 (水) 21:23時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 >オオミズアオとオナガミズアオの見分け方

オオミズアオとオナガミズアオの見分け方

オオミズアオオナガミズアオは酷似するヤママユガ類であるが,次のような特徴から見分けることができる.

  • オオミズアオの傾向
    • 後翅の眼状紋はより扁平で小さく見える.
    • 触角は茶褐色で,前翅前縁は赤い部分と白い部分の境界が曖昧.
    • 翅端は丸みを帯び,翅の外縁が緩く波打つ.
    • 幼虫は頭部が茶褐色.
    • 食樹は様々な広葉樹.
  • オナガミズアオの傾向
    • 後翅の眼状紋はより円形で大きく見える.
    • 触角は緑色で,前翅前縁は赤い部分と白い部分の境界が明瞭.
    • 翅端は尖り,翅の外縁が直線的.
    • 幼虫は頭部が緑色.
    • 食樹はハンノキ類ヤシャブシ類に限られる.

個別ページ

見分け方に関連するページ

両生類

爬虫類

鳥類

昆虫


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 にもどる