「オオバシナミズニラ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物…」)
 
 
(同じ利用者による、間の8版が非表示)
6行目: 6行目:
  
 
== 解説==
 
== 解説==
*広島県内のものについては,『広島県植物』([[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997]])で[[シナミズニラ]]として報告されていたが,[[Takamiya_Watanabe_Ono_1997|Takamiya et al.(1997)]]による再検討の結果,[[オオバシナミズニラ]]とされている([[世羅ほか_2010|世羅ほか 2010]]
+
*[[Takamiya_Watanabe_Ono_1997|Takamiya et al.(1997)]]によってミズニラ属の再検討が行われた結果,これまで広島県内で[[シナミズニラ]]とされていた種は本種とされた.狭義の[[シナミズニラ]]は広島県では確認されていない([[世羅ほか_2010|世羅ほか 2010]]).
  
 
==分布・産地・天然記念物==
 
==分布・産地・天然記念物==
 
==標本==
 
==標本==
*福山市(kt-18),三良坂町(1990桑田健吾),三次市(1992佐野俊和)
+
*西城町(yy-17774),三次市(mm-03-0297; HIRO-MY収蔵),甲田町(hbg-16116; 松村雅文氏同定)
 +
*福山市(kt-18),三良坂町(1990桑田健吾),三次市(1992佐野俊和)([[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997]],[[シナミズニラ]]として)
  
 
==慣用名・英名・広島県方言==
 
==慣用名・英名・広島県方言==
 
=== 慣用名===
 
=== 慣用名===
 
== 備考==
 
== 備考==
* 環境庁コード: 00450
+
* 環境庁コード: 00455
* 環境庁RDB,県RDB
+
* 環境庁RDB:EN,広島県RDB:CR+EN
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
*倉田・中池(1985),竹田(1987),松村(1994),広島県(1995)
+
*[[Takamiya_Watanabe_Ono_1997|Takamiya et al.(1997)]],松村(1999)
  
 
==引用文献==
 
==引用文献==
32行目: 33行目:
 
[[Category:広島県の植物]]
 
[[Category:広島県の植物]]
 
[[Category:I]]
 
[[Category:I]]
[[Category:]]
+
[[Category:]]
 
[[Category:シダ植物]]
 
[[Category:シダ植物]]
 +
[[Category:Isoetaceae]]
 
[[Category:ミズニラ科]]
 
[[Category:ミズニラ科]]
 
[[Category:標準和名]]
 
[[Category:標準和名]]
 
[[Category:湿地]]
 
[[Category:湿地]]

2021年3月1日 (月) 11:36時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オオバシナミズニラ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

オオバシナミズニラ Isoetes sinensis T.C.Palmer var. coreana (Y.H.Chung & H.K.Choi) M.Takamiya, Mitsu.Watan. & K.Ono

ミズニラ科 Isoetaceae

解説

分布・産地・天然記念物

標本

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

備考

  • 環境庁コード: 00455
  • 環境庁RDB:EN,広島県RDB:CR+EN

文献(出典)

引用文献


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる