エゾハサミムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
2020年8月13日 (木) 09:17時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エゾハサミムシ

エゾハサミムシの成虫(オス).キャンパスでも生息域は限られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 14, 2020)

エゾハサミムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Eparchus yezoensis

分類

  • クギヌキハサミムシ科 Forficulidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,.

解説

  • 翅端のハサミが大変細長いハサミムシ.
  • 山地の林床で見られることが多い.
  • 成虫は翅を有し,後翅はふつう前翅に収納されている.
  • 前翅に黄褐色紋がある.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多いが,見られるポイントが限られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エゾハサミムシ