「エサキヒメコシボソガガンボ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
 
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[エサキヒメコシボソガガンボ_広島大学東広島キャンパス|エサキヒメコシボソガガンボ]]</span>
 
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[エサキヒメコシボソガガンボ_広島大学東広島キャンパス|エサキヒメコシボソガガンボ]]</span>
  
 +
[[ファイル: 20200502エサキヒメコシボソガガンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_115253s.jpg|200px|thumb|right|エサキヒメコシボソガガンボの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 2, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200419エサキヒメコシボソガガンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_111285s.jpg|200px|thumb|right|エサキヒメコシボソガガンボの成虫.湿地などで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 19, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200419エサキヒメコシボソガガンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_111285s.jpg|200px|thumb|right|エサキヒメコシボソガガンボの成虫.湿地などで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 19, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200502エサキヒメコシボソガガンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_115275s.jpg|200px|thumb|right|交尾中のエサキヒメコシボソガガンボ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 2, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200502エサキヒメコシボソガガンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_115275s.jpg|200px|thumb|right|交尾中のエサキヒメコシボソガガンボ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 2, 2020)]]

2020年8月13日 (木) 16:01時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エサキヒメコシボソガガンボ

エサキヒメコシボソガガンボの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 2, 2020)
エサキヒメコシボソガガンボの成虫.湿地などで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 19, 2020)
交尾中のエサキヒメコシボソガガンボ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 2, 2020)

エサキヒメコシボソガガンボ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Bittacomorphella esakii

分類

  • コシボソガガンボ科 Ptychopteridae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 白と黒の模様が特徴のガガンボ.
  • 脚を広げながらフワフワと漂うように飛翔し,大変奇抜な印象を受ける.
  • 薄暗い湿地や沢などで見られる.
  • 幼虫は水生.
  • 東広島キャンパスでは5-8月にかけて生態実験園などで観察することができ,個体数も多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エサキヒメコシボソガガンボ