エゴノキ

提供: 広島大学デジタル博物館
2010年12月22日 (水) 12:34時点におけるHirahara (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > エゴノキ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

エゴノキ Styrax japonicus Sieb. & Zucc.

シノニム

その他

  • Styrax japonicus Sieb. et Zucc.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > エゴノキ科 Styracaceae > エゴノキ属 Styrax

解説

花期

  • 花は6月中旬に開花し,枝一面に白花をつけて美しい.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,沿岸部から中国山地まで広く分布するが,島嶼部では宮島にわずかに見られる.

産地

天然記念物

標本

  • 大竹市飯谷(km-6125),宮島(ts-40),吉和村立岩(yy-10171),戸河内町打梨(yy- 7333),芸北町一兵山家山(hh-7084),佐伯町羅漢山(hh-8822),極楽寺山(mt-10356),広島市南原峡(km-1508),府中町水分峡(yw-1932),福富町鰐淵(mt-16061),東広島市八王子社(mt-7819),野呂山(mt-9275),黒瀬町南方(mt-10606),海田町日浦山(hh-6601),河内町義庵坊(mt-16126),安芸津町三津(hh-6887),三良坂町小塩野(yw-6370),吉舎町安田(yw-7677),大和町下徳良(sf-2308),布野村女亀山(yw-5181),三原市仏通寺(yw-1195),豊松村魚切渓谷(hh-4852),尾道市原田山(sf-3283),神之瀬峡(mt-18113),甲山町今高野山(ns-1405),甲奴町品の滝(ns-2250),世羅町有美(ns-1651),東城町森(hn-1483),油木町岩貝(sf-8102),豊栄町天神嶽(mt-16108),神石郡三和町星居山(sf-467),総領町黒目(tk-8),久井町江木(sf-1958),口和町竹地谷(hh-7000),福山市山野町(sf-2499),新市町宮内(yk-9903)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • エゴ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 43460

文献(出典)

  • 堀川ほか(1959),河毛(1974),関ほか(1975),山下(1977),土井(1983),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる