ウラジロハナヒリノキ

提供: 広島大学デジタル博物館
2014年7月12日 (土) 09:04時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (→‎文献(出典))
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ウラジロハナヒリノキ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ウラジロハナヒリノキ Leucothoe grayana Maxim. var. glaucina Koidz.

シノニム

その他

  • Leucothoe grayana Maxim. var. glaucina Koidzumi(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ツツジ科 Ericaceae > イワナンテン属 Leucothoe

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,中国山地東部の尾根筋の風衝低木群落に生育し,日本列島での南限にあたる.場所によっては,個体数も多いが,貴重種なので保護を要する.

産地

天然記念物

標本

  • 比婆山(yy-11127),道後山(ts-960924)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 環境庁コード: 40700
  • 県RDB

文献(出典)

  • 高木(1931),堀川(1942c),山下(1977),井波(1982),土井(1983),吉野ほか(1988),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる