ウラギンシジミ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウラギンシジミ

秋型のウラギンシジミの成虫(オス).やや前翅頂が尖る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)
開翅するウラギンシジミの成虫(メス).翅表の模様は銀白色.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2019)
ウラギンシジミの幼虫.クズの花序を調べると見つかる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)

ウラギンシジミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Curetis acuta

分類

  • シジミチョウ科 Lycaenidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • オス,メスともに翅裏の全体が白銀色をしている.
  • オスの翅表には橙色の斑紋が,メスの翅表には白色の斑紋が見られる.
  • 食草はクズフジなどのマメ科植物.
  • 動物の糞尿や汗に集まることがある.
  • キャンパス内での個体数は多い.

ギャラリー

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 327 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウラギンシジミ