「ウマオイ属の1種」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
1行: 1行:
[[ファイル:20030823ウマオイ属の1種_東広島市.JPG|200px|thumb|right|ウマオイ属の1種(広島県東広島市; Aug. 23, 2003)]]
+
[[ファイル:20030823ウマオイ属の1種_東広島市.jpg|200px|thumb|right|ウマオイ属の1種(広島県東広島市; Aug. 23, 2003)]]
  
 
*北海道,本州,四国,九州,対馬に分布.
 
*北海道,本州,四国,九州,対馬に分布.

2020年5月22日 (金) 17:02時点における最新版

ウマオイ属の1種(広島県東広島市; Aug. 23, 2003)
  • 北海道,本州,四国,九州,対馬に分布.
  • 体長28~36 mm.
  • 卵越冬、成虫は8~10月に見られる.
  • ウマオイには低木や森林に住むハヤシノウマオイと,明るい草地に住むハタケノウマオイとがいる.