「ウツギ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
1行: 1行:
 +
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[ウツギ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
 +
 
= ウツギ ''Deutzia'' ''crenata'' Sieb. & Zucc.=
 
= ウツギ ''Deutzia'' ''crenata'' Sieb. & Zucc.=
  
ユキノシタ科
+
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
 +
* ''Deutzia'' ''crenata'' Sieb. et Zucc.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)
  
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 +
> [[ユキノシタ科|ユキノシタ科 Saxifragaceae]]
 +
> [[ウツギ属|ウツギ属 ''Deutzia'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
* 荒木(1986)は,上下町での習慣として,旧暦5月の卯の日に田の神「さんばい」にウツギを供えることを述べている.
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
  
 +
=== 花期 ===
 +
* 5月下旬から6月上旬.
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
* 広島県では,島嶼部,沿岸部から中国山地の高所まで,県内に広く分布し,とくに川岸や林縁に多い.
  
== 慣用名==
+
=== 産地 ===
*スウツギ
+
=== 天然記念物 ===
 +
 
 +
== 標本 ==
 +
* 戸河内町二軒小屋(yy-11586),呉市烏帽子岩(yy-6392),広島市鎌倉寺山(yy-6024),府中町水分峡(zt-559),三原市仏通寺(yw-1218),吉和村中津谷(yw-4509),大崎下島(mt-8858),野呂山(mt-9181),東広島市森近(mt-10654),倉橋島(mt-11010),上蒲刈島(mh-11318),安芸津町三津(hh-6898),吉舎町雲通(km-4073),佐伯町栗栖(mt-13809),福富町大谷山(km-5016),総領町木屋(yw-6570),熊野町下深原(mt-15371),本郷町用倉(yy-12827),廿日市市原(yw-9393),宮島(ts-808),大竹市飯谷(km-6117),因島(yk-2129),尾道市鳴滝山(yk-2141),府中市三郎丸(yk-2726),沼隈町横倉(sf-3491),口和町宮内(hn-740),生口島(sf-4569),高野町高暮(hn-1725),甲奴町宇賀(ns-2189),世羅町戸張(ns-2091),芸北町大暮川(sy-297),西城町三坂(hn-1114),御調町小猿(yk-6971),東城町森(hn-1262),豊栄町天神嶽(mt-16090),甲山町八田原(sf-223),君田村沓ヶ原(mt-16395),神石郡三和町大矢(sf-946),豊松村有木(sf-1459),向島(yk-8383),上下町岳山(yk-8570),久井町吉田(sf-8695),新市町京の上山(sf-10080),福山市法成寺(sf-10174),神辺町東中条(sf-10345)
 +
 
 +
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 +
=== 慣用名 ===
 +
* スウツギ
 +
 
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 23690
 
* 環境庁コード: 23690
 
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
* 堀川ほか(1959),河毛(1974),関ほか(1975),土井(1983),関ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
 +
== 引用文献 ==
 +
* 荒木 克.1986. 追憶の花々.295 pp. 佐々木印刷,広島.
 
----
 
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:ウ]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:ユキノシタ科]]

2011年3月11日 (金) 10:11時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ウツギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ウツギ Deutzia crenata Sieb. & Zucc.

シノニム

その他

  • Deutzia crenata Sieb. et Zucc.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ユキノシタ科 Saxifragaceae > ウツギ属 Deutzia

解説

  • 荒木(1986)は,上下町での習慣として,旧暦5月の卯の日に田の神「さんばい」にウツギを供えることを述べている.

花期

  • 5月下旬から6月上旬.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部,沿岸部から中国山地の高所まで,県内に広く分布し,とくに川岸や林縁に多い.

産地

天然記念物

標本

  • 戸河内町二軒小屋(yy-11586),呉市烏帽子岩(yy-6392),広島市鎌倉寺山(yy-6024),府中町水分峡(zt-559),三原市仏通寺(yw-1218),吉和村中津谷(yw-4509),大崎下島(mt-8858),野呂山(mt-9181),東広島市森近(mt-10654),倉橋島(mt-11010),上蒲刈島(mh-11318),安芸津町三津(hh-6898),吉舎町雲通(km-4073),佐伯町栗栖(mt-13809),福富町大谷山(km-5016),総領町木屋(yw-6570),熊野町下深原(mt-15371),本郷町用倉(yy-12827),廿日市市原(yw-9393),宮島(ts-808),大竹市飯谷(km-6117),因島(yk-2129),尾道市鳴滝山(yk-2141),府中市三郎丸(yk-2726),沼隈町横倉(sf-3491),口和町宮内(hn-740),生口島(sf-4569),高野町高暮(hn-1725),甲奴町宇賀(ns-2189),世羅町戸張(ns-2091),芸北町大暮川(sy-297),西城町三坂(hn-1114),御調町小猿(yk-6971),東城町森(hn-1262),豊栄町天神嶽(mt-16090),甲山町八田原(sf-223),君田村沓ヶ原(mt-16395),神石郡三和町大矢(sf-946),豊松村有木(sf-1459),向島(yk-8383),上下町岳山(yk-8570),久井町吉田(sf-8695),新市町京の上山(sf-10080),福山市法成寺(sf-10174),神辺町東中条(sf-10345)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • スウツギ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 23690

文献(出典)

引用文献

  • 荒木 克.1986. 追憶の花々.295 pp. 佐々木印刷,広島.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる