「ウスムラサキイラガ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
18行: 18行:
 
==解説==
 
==解説==
 
*翅が褐色の蛾で白斑がある.
 
*翅が褐色の蛾で白斑がある.
*幼虫は緑色で,トゲは全体的に太いことが[[ムラサキイラガ_広島大学東広島キャンパス|ムラサキイラガ]]との識別点.
+
*幼虫は緑色で,トゲは根本だけ太いことが[[ムラサキイラガ_広島大学東広島キャンパス|ムラサキイラガ]]との識別点.
 
*体から生えているトゲには毒がある.
 
*体から生えているトゲには毒がある.
 
*幼虫の食樹は様々な広葉樹.
 
*幼虫の食樹は様々な広葉樹.

2019年8月15日 (木) 17:43時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスムラサキイラガ

ウスムラサキイラガの幼虫.棘は根本だけ太い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 1, 2019)

目次

ウスムラサキイラガ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Austrapoda hepatica

分類

  • イラガ科 Limacodidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 翅が褐色の蛾で白斑がある.
  • 幼虫は緑色で,トゲは根本だけ太いことがムラサキイラガとの識別点.
  • 体から生えているトゲには毒がある.
  • 幼虫の食樹は様々な広葉樹.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスムラサキイラガ