ウスイロササキリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年8月10日 (月) 18:24時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスイロササキリ

ファイル:20190624ウスイロササキリ成虫メス 東広島市鏡山 南葉撮影 IMG 59722s.jpg
ウスイロササキリの成虫(メス).前翅に黒い点列をもつ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2019)

ウスイロササキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Conocephalus chinensis

分類

  • キリギリス科 Tettigoniidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 緑色型と褐色型が存在する.
  • オスは「シリリリリリ...」と鳴く.
  • ホシササキリに酷似するが,前翅の側面に黒斑はなく,後翅が長い.
  • 近郊の草地にもふつうに見られる.
  • キャンパス内での個体数はふつう.

備考

参考文献

  • 日本直翅類学会・村井貴史・伊藤ふくお. 2011. バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑. 728 pp. 北海道大学出版会, 札幌.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスイロササキリ