ウエノチビケシゲンゴロウ

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年4月22日 (月) 00:32時点におけるTArimura (トーク | 投稿記録)による版 (→‎分布)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > ウエノチビケシゲンゴロウ

ウエノチビケシゲンゴロウ(沖縄県八重山郡竹富町 西表島; 撮影: 有村拓真, Mar. 19, 2024)

ウエノチビケシゲンゴロウ Microdytes uenoi(M. Satô, 1972)

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > ゲンゴロウ科 Dytiscidae > ケシゲンゴロウ亜科 Hydroporinae > チビケシゲンゴロウ属 Microdytes > ウエノチビケシゲンゴロウ Microdytes uenoi

解説

  • 体長1.4-1.6 mm程度の極小のゲンゴロウ.
  • 河川の淀みや岩盤の水たまり, 林道脇の染み出した細流に生息する. 緩やかな流れを好む.
  • アトホシヒラタマメゲンゴロウと同所的にみられる.

分布・産地・天然記念物・RDB

分布

  • 沖縄県, 鹿児島県(石垣島, 西表島, 奄美大島)

産地

天然記念物・RDB

  • 該当なし.

慣用名・英名・方言

慣用名

英名

方言

ギャラリー

関連ページ

インターネットリソース

参考文献

  • 三田村敏正・平澤 桂・寄居重幸. 2017. ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシ. 176 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 中島 淳・林 成多・石田和男・北野 忠・吉富博之. 2020. ネイチャーガイド 日本の水生昆虫. 352 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 横塚只眞己人. 2023. 西表島フィールド図鑑, 改訂新版. 304 pp. 株式会社実業之日本社, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > ウエノチビケシゲンゴロウ