イワカガミ

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > イワカガミ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

イワカガミ Schizocodon soldanelloides (Sieb. & Zucc.) Makino

シノニム

  • Schizocodon soldanelloides (Sieb. et Zucc.) Makino var. soldanelloides(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > イワウメ科 Diapensiaceae > イワカガミ属 Schizocodon

解説

  • 広島県で,これまで,イワカガミと報告されたものは,オオイワカガミの矮小なものと思われる.
  • 比婆山の尾根の風衝草原での観察によれば,草原に生育している葉の径2-3 cmの個体が,地下茎をたどると低木群落の下では,葉の径5~8 cmになっている.
  • オオイワカガミの葉の大きさは,北村ほか(1959)が5~14 cm,大井(1965)が8~12 cm,小野ほか(1989)では12 cmとなっており,10 cm前後が目安と思われる.
  • 広島県におけるイワカガミの変異については,今後の研究課題であるが,葉の径5 cm以下の小形のものは,一応,イワカガミとして扱っておく.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 比婆山(yy-9574)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 40050

文献(出典)

  • 広島県民の森(1972),山下(1977),環境庁(1979),吉野ほか(1988),須田ほか(1991),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

引用文献

  • 北村四郎・村田 源・堀 勝.1959. 原色日本植物図鑑 草本編I 合弁花類.297 pp. 保育社,大阪.
  • 大井次三郎.1965. 日本植物誌.1560 pp. 至文堂,東京.
  • 小野幹雄・大場秀章・西田 誠編.1989. 改訂増補 牧野植物圖鑑.1453 pp. 北隆館,東京.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる